キッチン扉にこだわらないという選択

キッチンにこだわるお客様は多いと思います。

「どんな扉にしようかな。」

悩まれる方多いです。





ただし、扉のグレードが上がれば、その分価格はすごく上がります。

扉で何でこんなに上がるのだろう?

悩んだところで、上がるのだから仕方が無い。





なので、私からの提案は、

「キッチンの扉はシンプルにコストをかけない」とう選択。



どういうことかというと、

キッチン扉にこだわらないという選択を詳しく知りたい方はこちらへ(無料)⇒
スポンサーサイト

お客様から紹介をもらうために必要なこと

お客様が知人や友人にあなたの会社に何故紹介してくれるのでしょうか。



紹介料をたくさん払ったら紹介してくれるかも。

そんな風に 考えていませんか。



紹介料を払うと言うことは、方法の一つですが、

本質的なことではないのです。

本質的なことは、お客様の気持ちを考えれば分かります。

お客様の気持ちはこんなはずです。



①【紹介してくれるお客様の気持ち】

あなたの会社で家を建てた私は嬉しい



友達にも嬉しく、幸せになって欲しいから紹介する。




②【紹介してくれないお客様の気持ち】

あなたの会社で家を建てた私はつらい



友達にはつらくなってもらいたくないから紹介しない。





なので・・・


お客様から紹介をもらうために必要なことを詳しく知りたい方はこちらへ(無料)⇒

価値観が共感できれば価格も上げれる

価格と言うものはいくつかの要素を持っています。

まず、一つ目は、

その商品価値は価格を払うだけ価値があるのかどうか。と言う基準。



例えば、炊飯器。

5千円~10万円を超えるものまであります。

ご飯がただ炊ければいい人は、5千円の物で良いということになります。

とことんこだわりが分かる人は、10万円以上の物を買うでしょう。

その価値観やこだわりに共感してくれれば、高額商品は売れます。





もう一つは、


価値観の共有の仕方についてさらに知りたい方はこちら⇒

お客様と次回アポを取る方法

お客様とお会いして、

お話をさせていただきます。

そのときに、次回のアポを取ります。



その時、必ずしなければならない事があります。

それは何だと思いますか?



それは・・・





次回のアポを取らせてもらえるかどうかをお客様に聞くことです。

あまりに当たり前のことだと思いますか。



しかし、それが出来ずに、アポが取れていないと言うことは珍しくありません。

なぜなら、アポを取ろうとしたら断られるかもしれないから、聞けない。

ということが往々にしてあるのです。



さて、アポを取る時のポイントが3つあります。


3つのポイントが知りたい方はこちら〈無料〉⇒

WEBは入り口と出口をイメージする

WEBの構築を考える時、

『入り口』『出口』をイメージすることが大切です。

これがイメージ出来ていないと役に立たないホームページが出来上がってしまいます。



では、入り口は何でしょうか。

これは、ホームページを見てもらうためのきっかけです。

良くあるのが、

・ホームページはSEOが大切です。
・検索エンジン対策をしっかりしましょう。
そんなことをイメージするかと思います。



確かにそれはそれで大切な入り口なのですが、

地域に密着している工務店であれば、

SEO対策はあくまで入り口のほんの一部であり、

全てではないということを理解しておかなければなりません。



ではどんな入り口をイメージすれば良いのでしょう。


詳しい内容を知りたい方はこちら〈無料〉⇒
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。